ちりめんじわには美容オイルが欠かせない!肌が潤うその魅力とは


日々肌の乾燥と闘っている女性は多いと思いますが、肌が乾燥するとまず気になるのがちりめんじわです。

ちりめんじわができたらいち早く肌に潤いをあたえてしわの進行をくい止めなければなりません。

そこで肌に潤いを与えるためにスキンケアに欠かせないのが美容オイル。

今回はその美容オイルの魅力に迫ります。


美容オイルの効果

肌が乾燥してちりめんじわが気になったら、肌の保湿のために化粧水でたっぷりの水分を与えることを考えるのではないでしょうか。

私も乾燥が特に気になる時は化粧水を何度も重ねたり、コットンに化粧水をたっぷり含ませてコットンパックにしたりします。

肌が潤っているとは水分と油分のバランスが良い状態。

皮脂の分泌量も年齢とともに確実に減っています。

水分と同時に油分も与えなければ乾燥肌から脱することはできないのです。

乳液やクリームにも油分は含まれますが、美容オイルは素早く肌に浸透するのが特徴です。

オイルというとべたつくイメージですが、美容オイルをつけるとスーッと肌になじみ、時間と共にさらりとしてきます。

使い続けることで、肌がしっとりして柔らかくなるのを感じます。

また、天然の栄養成分でできている美容オイルは、肌に優しいことが魅力のひとつです。

美容オイルの種類

天然成分でできている美容オイルは、動物や植物など何から採れるオイルかによって含まれる栄養成分に違いがあり、期待できる効果も変わるのです。

乾燥でちりめんじわが気になる肌には、保湿効果の高いオイルを選ぶと良いでしょう。

ホホバオイル

アメリカの半砂漠地帯で栽培されているホホバ種から抽出されるオイル。

皮脂にもよくなじむことから浸透力が高く、ビタミンEやミネラルといった栄養素を肌の内部に届けます。

どんな肌質にも合いますが、保湿効果が高いので乾燥肌の方に特に向いています。

オリーブオイル

オリーブの果実から抽出されるオリーブオイルには、ビタミンEやポリフェノールといったいかにも肌に良さそうな成分を含んでいます。

またオレイン酸・スクワレン・リノール酸という肌を潤す栄養成分もたっぷり含まれていますので、乾燥肌にはぴったりです。

アボカドオイル

アボカドは食べて美味しいことはもちろんですが、肌の保湿効果もあり美容と健康に良いのです。

そのため、我が家の食卓には毎日のように並びます。

そのアボカドの果実から抽出した美容オイルとなれば、保湿効果が高いのは当然なのです。

アボカドにはビタミンEやビタミンB・ビタミンAなどの栄養がたっぷり。美容オイルにもその栄養成分はしっかり含まれています。

アルガンオイル

底知れぬ貯水力を持つアルガンツリーから採れるオイル。

ちりめんじわに悩む肌に潤いを与えてくれるに違いありません。

アルガンツリーといっても日本ではあまり聞きなれませんが、アルガンオイルの人気から一躍有名になりました。

アルガンオイルは保湿力が高いだけでなく、オレイン酸やリノール酸、それにステロールという美肌成分が豊富に含まれています。

スクワランオイル

哺乳類や植物から抽出されるスクワレンという成分からできるスクワラン。

スクワレンは私たちの体内にも存在している成分です。

そのため、スクワランが肌へ浸透しやすいことは当然のことなのです。

スクワランは保湿効果が高いだけでなく、肌の新陳代謝を高める働きも。

乾燥した肌のターンオーバーを整えて、肌に潤いを与えます。

馬油

馬油は馬の皮下脂肪から作られた動物性油脂です。

動物性油脂と言えば飽和脂肪酸が多く含まれますが、馬油は植物性油脂のようにリノレン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれます。

馬油は、皮脂と性質が似ているため肌に浸透しやすいのが特徴。

馬油に含まれる脂肪酸の成分が、肌の水分の蒸発を防いだり、外の刺激から肌を守ったりするバリア機能の働きをします。

乾燥肌にはもちろんですが、敏感肌にもおすすめのオイルです。


美容オイルのおすすめの使い方

美容オイルは一本で様々な使い方ができますのでご紹介いたします。もともと肌へのなじみが良い美容オイルですが、手の平で温めてから肌になじませるとさらに浸透が良くなります。

1.化粧水の前に

洗顔後の肌にすぐにオイルをなじませます。なじませると同時にオイルがぐんぐん浸透していくのが感じられ、肌がしっとり柔らかくなります。

次に肌にのせる化粧水の浸透力も格段に上がりしっとり感が続きますので、私はこの使い方が一番のお気に入り。

2.美容液として

化粧水の後になじませることで化粧水の美容成分を肌に封じ込めます。

オイルが化粧水でしっとりした肌の状態を保ちつつ、次の乳液やクリームの浸透力を高めます。

私はオイルの後に、クリームをたっぷり伸ばした状態で優しくマッサージ。

クリームだけより指の滑りがよく、保湿効果もアップしていますので安心してマッサージができます。

3.スキンケアの最後に

乳液やクリームの上からちりめんじわが気になる部分に重ねるといつまでも潤いが続き、ちりめんじわの出現を遅らせることができます。

4.下地やファンデーションに1滴

オイルをプラスすることで、保湿だけでなく肌にツヤを与える効果も。

また、オイルによってファンデーションが薄まるので、ファンデーションの厚塗りを避けられ、薄づきツヤ肌美人になること間違いありません。

5.お化粧直しにファンデーションの上から

どんなに保湿対策をしようとも、一日中乾燥した室内にいると夕方には目元や口元にちりめんじわが現れます。

「たくさん笑ったからね…」なんて悠長なことは言ってられません。

ちりめんじわにファンデーションがめり込んで、ますます目立ってしまいます。

そんな時はファンデーションの上からオイルを少量なじませます。

すると、めり込んだファンデーションがなじんでちりめんじわが目立たなくなり、乾いた肌に再びツヤを与えます。

そのままでもいいですが、その上からファンデーションを軽くのせてお直ししても。

私はお気に入りのオイルを小さな容器に詰め替えて、いつもポーチの中に忍ばせています。

最後に

美容オイルとひと言にいっても、種類はさまざま。

1種類のオイルを原料としている美容オイルもあれば、数種類のオイルで作られている美容オイルもあります。

種類や製品によって効果やテクスチャーに違いがあります。

ぜひ、美容オイルを選ぶ際の参考にしていただきたいと思います。

美容オイルをスキンケアに加えて、ちりめんじわに怯えることのない肌を手に入れましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。

ちりめんじわの原因を知って早めに対策をとることが肝心!