オイル美容はつけるだけではない!口元のたるみに効果あり


気になる口元のたるみ解消のために何かいい方法はないものかと模索していると、オイルをつかったとても簡単で興味深い方法に出会いました。

オイルを肌につけたり食べたりするだけでなく、オイルが美容効果をもたらし気になる口元のたるみの改善に効きめのある方法があるのです。

今回はオイルをつかった口元のたるみ改善法とも言うべきその驚きの方法をご紹介いたします。


オイルの美容効果

美容にオイルと言えば真っ先に化粧品の美容オイルを思い浮かべます。私もお気に入りの美容オイルをさまざまな方法で使っています。

美容液としてはもちろんですが、化粧水の前のブースターとして。あるいはファンデーションや下地に混ぜて、保湿とツヤだし効果をねらいます。

また、ホホバオイルなどのキャリアオイルにはお気に入りの香りのアロマオイルを垂らします。アロマの香りで癒されながらのボディケアは楽しみのひとつです。

食べるオイルのオメガ3も美容や健康にいいので毎日摂るように心がけています。

口元のたるみは口の周りの表情筋の衰えが大きな原因です。さらに、忘れてはならないのが乾燥などによる肌のハリと弾力の低下です。そのため、口元のたるみを改善するには、保湿効果の高い美容オイルを使うとよいでしょう。

私がおすすめの美容オイルを2つご紹介いたします。

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントオイル

¥16,500(税抜)/50ml

https://www.sk-ii.jp

ビタミンやミネラルなどで構成される独自成分『ピテラ』配合。オイルとのバランスは黄金比率。そのため、乾燥した肌に素早く浸透します。2層になっているので振ってから化粧水の後に使います。べたつくことなくしっとり潤い、肌が柔らかくなるのを実感できます。

イヴ・サンローラン フォーエバー リブレイター ウォーター オイル

¥16,000円(税抜)/30ml

http://www.yslb.jp

若さの鍵といわれるグリカンという成分に着目して独自成分を開発。つやのある柔らかな肌が叶うYSLエイジングラインの美容オイル。ウォーター オイルというだけあって肌につけるとさらりとなじみ、美容成分が肌の奥までぐんぐん入っていく感じがします。そのため、どの季節でも、肌の乾燥が器になる時は、メイクの上にもなじませます。潤い肌とつや肌が同時に叶うお気に入りの1本。


オイルプリングとは

オイルプリングという健康法を聞いたことがあるでしょうか。インド・スリランカの伝統医学である『アーユルヴェーダ』をもとにして始められた自然療法です。

植物油で口の中をすすぐだけのオイルプリング。健康に良いのはもとより美容効果もとても高いのです。そのため、美容に敏感なスーパーモデルや日本人のモデルの中にも習慣にしている人が数多くいるそうです。

オイルプリングにつかうオイルは植物油です。アーユルヴェーダといえばごま油をつかったマッサージを思い浮かべます。ところが、オイルプリングには植物油であればごま油でなくてもオリーブオイルやココナッツオイルなど何でも良いのです。ココナッツオイルはデトックス効果が高いようです。

オイルプリングの方法はいたって簡単。慣れるまでは空腹時に行います。

  1. オイル大さじおよそ1杯を口に含みます。
  2. オイルでマウスウォッシュするように、15~20分間口の中でオイルを動かします。
  3. 必ず口からオイルを出し、そのあと口を水ですすぎます。

オイルプリングによる口元のたるみ改善の効果

オイルプリングを少なくとも1日1回習慣にすることで、口臭や歯周病予防、慢性疾患の改善など健康面における様々な効果があります。

口元のたるみの改善や予防の効果をねらうには、オイルが口からこぼれないように気をつけましょう。口の中の上下左右に思い切りオイルを押し出すように動かすのがポイントです。

実際に私もやってみて、20分近くオイルがこぼれないように、口をもぐもぐしているのは結構疲れます。逆に、それによって口の周りの筋肉が鍛えられ、口元のたるみに効くのです。

簡単で身体に良い効果がたくさん付いてくるオイルプリング。気になる口元のたるみを改善するためには、実践しないではいられません!

オイルはいろいろ試してお気に入りのものを見つけましょう。ぜひ、毎日の朝の習慣にいかがでしょうか。

 

こちらの記事もご覧ください。

口元のたるみは顔の印象を変える!?原因と解消する方法