眼窩脂肪を燃焼させよ!目の下のたるみを自力で治す方法

「いつの間に目の下にこんな膨らみが…」

鏡を見てそんな風に感じたことはありませんか。

この膨らみ、プックリとした涙袋なら魅力のひとつになるけれど、眼窩脂肪による目袋となれば話は違います。


目袋のせいで目の下にたるみができると、それだけで一気に老けた印象になってしまうのですから、放っておくわけにはいきません。

そこで今回は目袋ができる原因を探り、自力で目袋や目の下のたるみを改善する方法をご紹介していきます。

涙袋は筋肉、目袋は脂肪!

weheartit

涙袋と目袋は同じもののように思われがちですが、実は全然違うもの。

涙袋は下まつ毛のキワに沿った形でプックリとしている膨らみのことを言います。

目の周りを囲んでいる眼輪筋によるものです。

言ってみれば、目の下の筋肉の力こぶなのだそう。

この涙袋がプックリしていると、目が大きく見えて可愛らしい印象や若々しい印象を与えます。

明るい色のアイシャドウを目の下のキワに入れるメイクはこの涙袋を強調したり、あるように見せたりするためなのです。

一方の目袋は目元の衰えの表れ。

眼窩脂肪という、眼球を守るように目の周りに存在している脂肪が原因でできてしまうのです。


目袋や目の下のたるみは眼窩脂肪の飛び出しが原因

年齢を重ねると眼球を支えている靭帯が緩んでくるため、眼球の位置が下に下がってきます。

すると眼球の周りについている眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪が、眼球の重みに圧迫されて前方に飛び出てしまいます。

この飛び出た眼窩脂肪によってできる目の下の膨らみが目袋の正体。

実は、私自身も最近になってこの目袋が気になってきたのです(*_*;

特に、夜遅くまでパソコンを使った翌朝に目の下の膨らみが目立ちます。

パソコンを長時間使うことで血流が悪くなり、皮膚や筋肉の衰えが一時的に加速。

皮膚にハリや弾力がなくなったり、目の周りの筋肉が衰えると目袋が一層目立ち、さらに進行すると目の下のたるみとなってしまうのです。

画像引用:聖心美容クリニック

眼窩脂肪を自力で燃焼させて目の下のたるみを改善!

weheartit

多くの女性を悩ませているクマは、この眼窩脂肪の飛び出しによる目の下の膨らみやたるみが原因である場合があります。

そのため、美容整形ではクマの治療として眼窩脂肪を取り除く施術が行われることがあります。

詳しくは美容整形で目の下のくぼみをふっくらさせる!切らない施術法」をご覧いただきたいと思います。

目袋や目の下のたるみがあるとその下に影ができ、それがクマのように見えてしまうため、老けて見えるだけでなく、いつも疲れているような印象を与えてしまいます。

一度目の下にたるみができてしまうと、自力で改善するのは難しいのではないかと思う方は多いかもしれません。

けれども、お腹や二の腕に余分な脂肪がついてたるんでしまったら、多くの方が腹筋や腕の筋肉を鍛えて自力で脂肪を燃焼させようとしないでしょうか。

同じように、目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛えれば、目の下の飛び出た眼窩脂肪だって自力で燃焼させられます。

眼窩脂肪を燃焼させて、目袋や目の下のたるみを自力で改善できるのです。


眼輪筋トレーニングで眼窩脂肪を燃焼させる

筋肉を鍛えるには結果が出るまで多少の時間がかかりますが、美容整形のように費用やリスクの心配がありません。

眼輪筋トレーニングを行うことで確実に筋肉が鍛えられ、飛び出た脂肪を自力で燃焼できます。

それでは、この目の下の眼窩脂肪を自力で燃焼させるための眼輪筋トレーニングをさっそくご紹介します。

眼輪筋トレーニングは、眉毛を動かさないように行うことがポイント。

慣れるまでは眼輪筋の動きを鏡でしっかりチェックしながら行いましょう。

1.眩しいときの表情をして

眩しいときの、目を細めた表情をします。

下まぶたに力を入れて持ち上げ、筋肉を緊張させます。

上げたり下げたりを、繰り返します。

最初は少ない回数でも、徐々に回数を増やして30回ほど行うと良いでしょう。

上下の歯で舌を軽く噛むと顔下半分の力が抜けて、目の下に集中できます。

2.上まぶたを押さえて目を閉じる

上まぶたの真ん中辺り、眉のすぐ下に指をあて、上まぶたを押し上げるように押さえます。

そのまま、目をギュッと閉じて、また開けて。リズミカルに繰り返します。

上まぶたが押さえられていることで、下まぶたをしっかり動かせます。

3.「上がり目」にして目を閉じる

指を目尻にあて、斜め上に軽く引っ張ります。

目尻を押し上げた状態で目を閉じます。

下まぶたが動かなければ、目を閉じることができません。

下まぶたを疲れるくらいまで上げたり下げたりを繰り返すことで筋肉が鍛えられます。

1~3では目の下の筋肉にかかる負荷の度合が徐々に上がっていきます。

いつでもどこでも簡単にできるトレーニングですので、ご自分に合ったトレーニングを行いましょう。

目の下のたるみに効く顔ヨガで、さらに眼窩脂肪を燃焼させる

weheartit

顔ヨガは表情筋を鍛える方法として様々なポーズがあります。

私自身、毎日のバスタイムには湯船に浸かりながらいろんな顔ヨガをしています。

これからご紹介する顔ヨガは、自力で眼窩脂肪を燃焼させて目袋や目の下のたるみを改善するために欠かすことのできないポーズ。

やはり慣れるまでは鏡を見ながら行うと、効果的に脂肪を燃焼させられるでしょう。

  1. 口を「お」の形にして、あまり大きく開けすぎないように。鼻の下を伸ばして目の下がしっかり伸びるのを感じて。
  2. そのままの状態で、目線だけを上に。
  3. 下まぶたに力を入れてゆっく持ち上げ、眩しいときにするように目を細めます。
  4. 1回に10秒ほどかけて、5回繰り返します。

最後に

目の下のたるみを改善するには、目の周りの皮膚にハリや弾力を与えることも重要。

眼輪筋トレーニングをすると血流が促されるので、自力で眼窩脂肪を燃焼させられるのはもちろんですが、皮膚にも良い影響を与えます。

血流が良くなることで皮膚の新陳代謝が活発になり、潤いやハリ・弾力が増してくるでしょう。

若々しい目元を手に入れるために、眼輪筋トレーニングを毎日の習慣にしてはいかがでしょうか。

 

ぜひこちらの記事もご参考くださいませ。

⇒「目の下のくぼみをなくしたい!」アイクリームで本気のスキンケア

〝クマを消す方法〟「スプーン美容」で血行促進!スッキリとした目元に

目の下のくぼみが気になったら美顔器でケア!人気機種を徹底比較